05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

ateliermiwa

Author:ateliermiwa
信州在住
chalkart作品やmosaiqueのインテリア小物を手掛けています。
URL:www.ateliermiwa.com

Recent Entries

Category

Monthly Archives

リンク

Search

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zellige(ゼリージュ)の世界へ

2012.05.11 17:42|Mosaïque
行ってきました、念願のモロッコへ

フランスに滞在中、ニースでモザイクに出会い、その時からモロッコへ行ってモロカンタイルを
見に行こう、行こうと思いながらもなかなか機会がなく、、、かれこれ5年の月日が過ぎてしまい、
やっと訪れることができました。

zellige3.jpg zellige2.jpg 

モロッコの都市を歩くと、街角で、モスクで、そしてリヤド(プチホテル、もともとは
「中庭のある家」という意味のアラビア語)で必ず見にするのがこのゼリージュ。

せっかくなので、ゼリージュを体験できるとのことで4時間コースのクラスを受けてきました!

zellige1.jpg  zellige4.jpg

ここでは約5人の職人さんがいて、一人の先生がまずはやり方の見本をみせてくれて、
その後にやるといった感じで進んでいき、まずはタイルに型をおいて、
いくつかの違うデザインを描く練習から入りました。

それが終わると、いよいよ金づちでタイルを決まった形に割っていきます。
この金づちがまた重い重い。すぐに腕が痛くなってしまいました。
これはモロッコでは男性の仕事みたいですが、その意味がよ~くわかりました。
ホント、力仕事です。

ピースとピースがぴったりと組み合わさるか確認をして何千ものパーツを作って、
模様を確認しながら仕上げていくものと、タイルの表面を少しずつ削りながら模様を
作っていく方法と2つのパターンを体験しましたが、これは本当に根拠のいる仕事です。

このデザインを職人さんたちは頭のなかでデザインを想像して作品を仕上げていくそうなので、
本当に驚きです。気が遠くなる~

私は腕の力がなくなってしまい、結局仕上げは職人さんに手伝ってもらってしまいました。
冗談で”何もやってないじゃないか!”と言われましたが、
ホント腕の力が最後までもちませんでした。

私のやっているモザイクとは違うものですが、今回はとても貴重な体験ができました。
今度はモロカンペインティングに挑戦してみたいです

スポンサーサイト

Mosaïqueフラワーポット

2011.08.23 21:11|Mosaïque
モザイクフラワーポットを製作しました。

mosaique1_20110823220957.jpg


モザイクとは?とよく聞かれるのですが、
Mosaïque(フランス語)とは、陶器やタイル、ガラス、貝や石などの小片を寄せ合わせ埋め込んだり、
くっつけたりして絵や模様を表す装飾アート。

私のMosaïqueとの出会いは、ニース(france)に住んでいた時、ある日ニースの旧市街を
ふらふらと歩いていたときに、あるお店のウインドーからふと目にし、
”やってみた~い”と一瞬で思わせた、まさに一目ぼれしたのがきっかけでした。

その当時のモザイクに関することについては、追々と書かせていただくことにしまして、、、、

その製作したフラワーポットたちを置いていただいているのは、
長野県諏訪市にあるセレクト雑貨店”Para Bossa(パラボッサ)”さん。

mosaique1.jpg mosaique3.jpg

植物はもちろんのこと、何かをいれたインテリアのアクセントとして使ってもステキです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。